園からのおしらせ

1月の幼稚園 (15.01.31)

子どもたちと一緒に チューリップの球根を植えた場所からは 小さな芽が ぴょこっと 出てきていました。そんな様子を見つけると、寒い冬の季節の中でも、見えないところで・気付かない中でも 神さまに 大切に守られているのだと感じることができますね。

 

3学期が始まり、子どもたちは 元気いっぱい! 喜びいっぱいに遊んでいます。

 

そんな1月の子どもたちの様子を お伝えします♪(クラス便り抜粋)

 

 

≪そら組≫

 

●そらぐみ郵便局が開局しました♪

 

お正月に年賀状のやり取りをした経験から、「そら組にも郵便局を作ろう!」ということになりました。

「ポストは何で作ろう??」という相談をすると、積み木が得意な子どもたちからは「積み木で作ったらどうかな?」という意見が出ました。「でも、積み木は赤くできないよ?ダンボールがいいんじゃない?」という意見も。皆で考えた結果、「両方作っちゃおう!」ということになりました。

    

積み木のポストは『そらまち1丁目ポスト』、ダンボールのポストは『そらまち2丁目ポスト』です。かわいいポストになりました♪

ポストが出来たら、早速、お手紙を作る子ども達。大好きな家族や、友だち、私たちへも届けてくれたり、返事を書いたり。大好きな人の事を思って取り組む姿がたくさんあり、温かい気持ちになります。

    

 そらぐみ郵便局では、はがきと切手を売っているのですが、アイディアがどんどん湧いてくるお店の子どもたちは「先生、お釣りもらう時って、四角い箱にいれてくれない?」「郵便屋さんって大きいカバンに入れて運んでるんじゃない?」「郵便局の前って横断歩道あるよね?」と、必要な物を考えて、気付いたことを沢山伝えてくれます。

そのような、子ども達の気付きを 形にすることができるように、皆で一緒に考える時間を楽しんでいけたらと思っています。

 

 

 

 ≪たいよう組≫

 

 ◆いい湯だなあ~

 

砂場での穴掘りから始まった温泉作り。初めはなかなか上手く掘れなかったり、皆が同じところを掘ってぶつかったり…ということもありましたが、「僕が掘るから○○ちゃんは壁を固めて!」と役割を決めて温泉作りを進めていくことができるようになってきました。

出来上がった温泉に、お湯をたっぷり入れて、皆で足湯♪「あったか~い」、「気持ちいいね」と嬉しそうな子ども達でした。

そんなある日、「もりのおふろ」という絵本を読んだときに、「動物さん達、温泉気持ちよさそう!」、「入りたいな~」と部屋も温泉に入りたい!と言う声から、積み木を使って、温泉作りが始まりました。

 

「ここにシャワーがあるといいね!」と、LaQで長い筒を作る子がいたり、「もりのおふろ に出てくる動物を看板に描こう!」と、たくさんの動物を描く子・「温泉って のど渇くからジュース飲みたいね」と提案する子・・・

こうしてアイデアを出し合いながら、たいよう温泉が出来上がりました。早速、皆で温泉に入り、「ごしごししゅっしゅ♪」と言いながら嬉しそうに温泉を楽しんでいましたよ。

    

温泉に入った後には、「ホカホカの 温泉まんじゅう が食べたいね♪」ということで、温泉まんじゅう屋さんもオープして、大賑わいの たいよう温泉です♪

そして…本物の温泉まんじゅうも、ぜひ食べたい!!と、皆でまんじゅう作りもしました(*^。^*)「こんなに おいしいと ほっぺた 落ちちゃう~~♡」と、お腹も心も大満足のたいようさんでした。

      

 

 

 

≪にじ組≫ 

 

 ●お正月あそび

 

にじ組さんは、お正月遊びを楽しんで遊んでいます。その中でも、一番白熱しているのはコマ遊びで、自分で作ったコマを使って、長く回すことが出来るようにと頑張っています。何人かで集まって「いち、に、さんあ~!!10秒まであと少しだったのに~!!」と言いながら、友達に励まし、励まされながら一生懸命に取り組んでいますが、そこでは、大きい人が、小さい人に「こうしたら よくコマがまわるよ」と教えてあげている姿もあり、嬉しく思います。

年長さんは、ひもで回すコマ回し にも挑戦をしています。先日、コマ回しが上手な先生に、色々な技を見せてもらって刺激を受け、子ども達の中の「頑張ろう」という気持ちがさらに勢いを増したようです。

ひものコマ回しは、まずは、自分でひもを巻きつけることから。実は、それだけでも、丁寧に両手や指先を動かさないとできなかったりと、コツをつかむまでには練習が必要で、投げて回せるようになるまでにも 諦めない根気強さや集中力が必要な遊びです。それでも、何度も何度もコマを回して楽しんでいる姿や、回せるようなりたいと頑張っている姿には心の成長を感じることができます。

    

お家でも、ぜひお子さんと一緒にコマ遊びを楽しんでみてくださいね。