園からのおしらせ

新入園児一日入園 (15.02.18)

今日は、来年度に 入園予定の 小さなお友達が 遊びにきてくれました。

 

 

前日までには 各クラスで、「新しい友達のために 何ができるかな・・・?」と

話し合い、楽しみにしながら 過ごしてきました。

     

お部屋を きれいに 飾り付けたら、嬉しい気持ちに なるんじゃない?と、 皆でお部屋を 飾り付けました。

 

当日に 会ってお迎えする役目は、年長さんだけ ですが、 年中さんは 歓迎の看板も 心を込めて 作りました。

年少さんも 「どんな子がくるのかな?」と ワクワクしながら 話したり、飾りを作りました。

 

 

そして、当日・・・

     

     

年長さんは、話し合いをして、 来てくれた友達に 名札を付けてあげたり、お部屋に連れて行ってあげることにしました。

 

     

ドキドキしながらも、一生懸命に 年下の友達を 気遣ってくれていました。

 

      

一緒におやつを 食べたり、お話を聞いたり、歌をプレゼントしたり…

そんな中でも、年長さんの 「喜んでほしいな」の気持ちが たくさん感じられました。

 

 

「さよなら」の後に ホッと一息。

「かわいかったなぁ」「ドキドキしてる子もいたね」

「ぼく、名前覚えちゃった」

と、何だか急に おしゃべりになった 年長さん。一生懸命がんばっていたのですね(#^.^#)

でも、今日出会えた お友達のおかげで 年長さんは 嬉しい気持ちを分けてもらえることができました。

そして、今日の経験も きっと 自信となったことでしょう*

 

ドキドキ・ワクワクしながら 幼稚園へ遊びに来てくれた お友達、お母さん 本当にありがとうございました。

これからも ご一緒に 楽しいことを たくさん見つけていくことが できますように☆

また会える時を 楽しみに お待ちしています(^O^)/