園からのおしらせ

イースターおめでとう! (16.04.15)

4月15日は、教会幼稚園のイースター礼拝の日でした。

年少さんも一緒に初めての礼拝です!

私たち保育者がドキドキするくらい真剣に話を聞いてくれ、イースターの喜びを感じられる時間となりました。

年中・年少さんに「イースターおめでとう!」とイースターエッグを手渡すと、とても大切に持ち帰ってくれました。

年長さんは、イースターエッグハント(卵さがし)をしました。

園庭に隠れている卵をみんな真剣に探していました。

始まる前には、「僕の見つからなかったらどうしよう・・・」と心配そうな子ども達もいましたが、みんな1つずつ見つけて笑顔いっぱいです。

  

次の保育日の礼拝の時間に「卵、食べたよ」と教えてくれた年少さんがいました。

神さまの話を聞いた時にイースターエッグをもらったことが、

小さな心に嬉しい事として響いていることを感じられ、てほっこり心が温まることが出来ました。

  イースターおめでとう! 神さまがいつも守っていてくださるね。

これからも、神さまの存在を感じながら心も身体も大きくなっていけますように・・・☆