園からのおしらせ

9月の子ども達(そら組) (20.09.11)

 2学期が始まり、暑い日々が続きますが、そんな暑さにも負けず、

友達と遊ぶ事を楽しんでいる、元気いっぱいなそら組の子ども達です。

9月に入り、そら組は「11ぴきのねことあほうどり」の絵本の世界で遊んでいます。

「11ぴきのねこになろう!」と、自分のクレヨンを使ってネコのお面を作り、

仲間のねこと一緒に仲良く魚釣りをして遊んでいます。 「たくさん釣れたニャゴ」

          

 

年中さん・年長さんは、針と糸を使って、裁縫に挑戦し自分のネコの耳を作っています。

針を使うのは、少し緊張するけれど、ねこになるために、一人ひとりが一生懸命取り組みます。

「やっとできた!」と自分で作ったねこの耳を付けた子どもたちの顔は、嬉しい気持ちでいっぱいです。

年少さんもお気に入りのねこの耳が作れて嬉しかったね。

     

絵本に出てくる11ぴきのねこのコロッケ屋さんがそらぐみのお部屋にもオープンしました!

おいしそうなコロッケの匂いにつられて、お店には沢山のお客さんが足を運びます。

店員さんは注文を聞き、コロッケをあげたり、机を拭いたりと大忙しです。

その働きっぷりは、11ぴきのねこそっくり。

そらぐみさんのコロッケおいしいね。

      

 

積み木コーナーでは、ねこたちの住む町を作っていました。ねこたちはどんなお家に住んでいるのかな?

みんなで話し合いながらねこたちの町を作ります。

11ぴきのねこも折り紙でつくります。どんどん仲間のねこが増えていくね♪

              

みんなで、「ねこ」「とらねこたいしょう」「へんなねこ」になりきって、引っ越しゲームをしました。

「○○ちゃん、お洋服がしましまだから、とらねこたいしょうだ!」  そらぐみにも、色々なねこがいるようです♪

 

2学期に入って、初めて礼拝堂での礼拝をささげました。

「礼拝堂って広いね、静かだね」 お部屋とは違う雰囲気に、ドキドキしている子もいました。。

そらぐみのみんなで神さまのお話しが聞けて嬉しいね。