園からのおしらせ

9月の子ども達(たいよう組) (20.09.11)

6月に種まきをした朝顔がたくさんの花を咲かせています。

「今日は紫色が咲いてるね!」毎日違う色の花が咲いては、しぼむ様子を見て、

花にも命があることを、子どもたちと感じています。

 


絵本「どうぶつこうむてんこうじちゅう」を読んでから、子どもたちは工事作業員になりきって遊びはじめました。。

 

玩具の「トントン大工さん」を使ってくぎ打ちをしたり

 

工事現場の看板を作る作業では、

どんな看板の模様にするか相談しました。

きれいな模様に仕上げようと、メジャーを使って模様の間隔を測っています

 



年中・年少でダイナミックに新聞紙遊びをしました。

そのあとで、袋に入れて大きな石を作りました。

 

次の日にはみんなでで石転がしレースをしました。

 


また、絵本「のろまなローラー」を読んだ次の日には、自分たちでローラーくんになり、

地面をきれいにしよう!とキャタピラレースを行いました。

 

「安全に工事するには、ヘルメットが必要だ」と気づいた子どもたちは、自分だけのヘルメットを作り始めています。

中にはどうぶつこうむてんの仲間になりきっている子どももいます。

 

最近はヘルメットをかぶりながら、建物のペンキ塗り(絵具遊び)を楽しんでいます。

 

これからどんな建物が出来ていくのか、子どもたちと楽しみにしています♪