園からのおしらせ

こいのぼりが出来たよ! (21.05.12)

 

5月が近づくと

子どもたちと「こいのぼり」の話をしました。

 

年長では、

「自分の身長と同じ位の、世界で一つしかないこいのぼりを作ろう!」と、

大きな不織布にクレパスや絵の具で描いたり、切り紙をした「うろこ」を貼り付けました。

 

色とりどりのこいのぼりが出来上がり、

園庭に21匹の鯉のぼりが、連日気持ちよさそうに泳いでいました。

 

 

また各クラスでも

子どもたちの思いがたくさん詰まった鯉のぼりが出来上がりました!

 

にじ組では

年中さんは大きなビニール袋を使って鯉のぼりを作りました。

 

たいよう組では、

年中さんはみんなで話し合い設計図を書き、

様々な素材(卵パックやトイレットペーパーの芯等)を使って大きな鯉のぼりを作りました。

 

また年少さんは

クレパスや絵の具を使って小さな鯉のぼりが出来上がりました。

 

 

そら組では

年中さんは「みんなが口の中に入って遊べる鯉のぼりが作りたい」ということで、

段ボールをつなげてに色を塗り、中に入って遊べる鯉のぼりが出来ました。

 

年少さんは、

好きな色の画用紙にぐるぐるっと大きく腕を使ってお絵描きしたものを鯉のぼりにしました。

 

 

一人ひとりの嬉しい気持ちが詰まった鯉のぼりは

各クラスのお部屋の中で気持ちよさそうに泳いでいます。

嬉しい気持ちでいっぱいになりました。