園長からのメッセージ

9月のおたより (20.09.04)

みーつけた!茶臼山公園のドングリ


暑く、短かった夏休みが終わり、2学期の保育が始まりました。子どもたちの嬉しい声が響き、友だちと関わり合う姿を見るとこちらも嬉しくなります。自分にとっていい時もよくない時も、幼稚園という集団の場で子どもたちが人と物に関わることで、ぐっと世界が広がります。自分とは違う人や違う気持ちを知ることは、時には悲しい気持ちになるものですが、喜怒哀楽の感情が育ち心の襞が豊かになります。

時差登園や保育時間など保護者の皆さんのご理解とご協力をいただいて、工夫しながら新しい生活様式の中で日常を取り戻していきたいと思います。子どもたちにとって楽しい事が多い2学期です、どこまで例年のように過ごせるか検討課題も多くありますが、子どもたちのためにできる事を見出して歩みます。どうぞ、よろしくお願い致します。

 牧師先生のメッセージにある讃美歌の歌詞をご紹介します。曲が知りたい方はお声掛けください。(園長 藤原睦子)

 

 

 ♪ ラララララ ラララララ ララララララララララ

   ラララララ ラララララ ララララララララ

 1、「きみがすきだ」って だれかぼくに いってくれたら ソラ 元気になる

 2、「きみはだいじ」って だれかぼくに いってくれたら チョット どきょうがつく

 3、「きみといくよ」って だれかぼくに いってくれたら ホラ その気になる

 4、「きみがすきだよ、ともだちだよ」 イエスさまのこえが きこえてくる

 1~4の前に♪を繰り返します。

 

      ( 改訂版こどもさんびかより 132番  作詞・作曲Andreas Ebert